勤務時間のメリットとは

常勤から非常勤になると医師は勤務時間についてメリットを見出すことができます。病院勤務をしている医師は基本的には拘束時間が長くなってしまって仕事中心の生活を送らなければならないのが一般的です。早朝からカンファランスがあり、夜遅くまで仕事をしなければならない日が続く傾向があります。夜勤も必要になって生活リズムが乱れることも多く、平日に休みがあって土日は勤務になる週もあるというのは病院で働いている限りは避けられないでしょう。しかし、非常勤になると勤務時間についての拘束が緩和されます。夜勤をしたくなければ日勤のみで契約することも可能であり、フルタイムで働く必要がないのでシフトを減らして短時間勤務をすることもできるのが一般的です。仕事に追われて苦労してきた人にとって非常勤になるのは勤務時間の面で大きな魅力があります。

仕事内容にもメリットがある

非常勤になると仕事内容にもメリットを見出だせる場合があります。常勤と違っていつでも現場にいるわけではないのが非常勤の特徴です。そのため、重要な仕事は常勤が行い、人が入れ替わっても問題がない範囲の仕事が非常勤に割り当てられるというケースが多くなっています。医師として働く上では多かれ少なかれ責任を伴いますが、その負担が比較的軽い業務に携われることが多いのです。心労によって苦労してきた医師にとっては働きやすい状況を作るのに適しているのが非常勤で働く方法であり、ストレスの軽減方法として考慮してみましょう。

医師のバイトは時給は1万円前後が相場です。勤務時間も週一回の午前勤務のみから週複数回の勤務と労働時間にも融通が利くお仕事です。