一部の人気職種を除いてどこも人手不足

有効求人倍率はバブル期の水準を維持し続けています。これは仕事を探す人にとって有利なことですが、近年は人を集めることを諦め、オートメーションによる少人数化を進める企業が増えています。コンビニエンスストアや飲食店では深夜の営業を短縮することや、無人店舗を目指す取り組みがなされているほどです。しかし簡単には人は減らせません。これは工場でも同じことが言えます。

人が少ない以上、新人は皆重要な戦力

工場を含め、多くの会社では新人全員が一人前になることを期待していません。これが労働環境を過酷なものにする原因でしたが、今は一人でも多く、なるべく全員を戦力にすることが求められています。それだけ募集をしても人が集まりません。

工場では、労働者一人一人の環境を良くする取り組みがなされています。スタッフを大事にして長く働いてもらうことで労働力の減少に備えようという考えです。今いるメンバーを減らさないための定年延長も行われています。

しかし長時間労働をさせることはできない

人が少なくても必要な生産量を維持する必要がありますが、コンプライアンスの順守や安全管理のため、個々のスタッフに不当な長時間労働を迫ることは基本的にありません。事故があっては意味がありませんし、そのような事業所は退職者が出ます。他にいくらでも求人はあるのですから、そこにいる必要は無いわけです。きっちりと交代制が敷かれた工場はプライベートの時間を大切に出来るでしょう。また他業種に比べて有休や超過勤務の時給アップが保証される傾向にあり、イメージだけで判断するのは損という事になります。新しい仕事を探している方は、工場を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

三重の工場の求人では、働く時間帯や日数などを選べる求人も多く、ライフスタイルを重視した働き方が可能です。