産業医とは?どの職場にも必ず必要?

産業医とは、会社や工場などの事業を行う場所で働く医師のことです。労働安全衛生法では、労働者が50人以上の職場には必ず産業医を選任することが義務付けられています。また、労働者が1,000人以上または人体に有害な物質を扱う職場には、専任の産業医を選任することが必要です。

産業医の仕事内容は?

産業医は主に、労働者の健康診断や健康維持のための指導が職務です。必要な場合は健康教育や労働者からの相談にも乗ります。また、労働者の健康を害する事案が発生した際に、その原因究明と再発防止を行うことも産業医の仕事です。さらに、産業医には月一回職場内を巡回し、労働環境をチェックすることが義務づけられています。

産業医に必要な資格は?

産業医はただ医師免許を持っているだけでは就けない仕事です。産業医になるには、まず日本医師会や産業医科大学などが行う研修を修了するか、または産業医養成課程のある大学を卒業することが必要です。それ以外には労働コンサルタント試験へ合格した人や、大学で労働衛生を教える教授または準教授、講師などに産業医になる資格が与えられます。

産業医の求人は多い?

産業医は企業の社員という雇用形態であるため、病院に勤める医師とは異なり、土日や長期休暇などの休みが安定して得られる職場です。勤務時間もある程度決まっているため、医療系の中でも人気のある働き方です。しかし、不況の影響で産業医を置ける企業が減少し、求人自体は少なくなっているために競争率が高くなっています。産業医の求人は地方よりも首都圏や都市部で多い傾向です。

産業医の募集では、福利厚生が充実している求人が多く存在するため、働きやすさを求めている場合には最適です。