入居時の初期費用を大幅に削減出来ます

マンスリーマンションは家具家電付きマンション、一般的な賃貸マンションとは異なり入居時に掛かる費用を大幅に削減出来るなどの魅力を持っています。

賃貸マンションを借りる場合、家賃の数か月分の敷金や礼金が必要になりますし、不動産会社に支払う仲介手数料なども必要です。

家賃が10万円、敷金や礼金がそれぞれ2か月分必要な場合、仲介手数料や前家賃1か月分を含めた場合、それだけで60万円前後のお金を用意しておかなければなりません。

さらに、生活を送るためには家財道具が必要になるため、家電品や家具類などの購入資金も必要になって来ます。

マンスリーマンションは家具家電付マンションになるので、家電品や家具類などの購入が要りませんし、入居時に必要なお金は賃料などの費用だけを支払う事になるので初期費用を抑えて借りる事が出来ます。

単身赴任にも最適です

単身赴任で一人暮らしをする時、部屋で生活するための家具類や家電品を揃える必要があります。

単身赴任は生活の場が家族が暮らす我が家と2つになるので、購入した家具類や家電品は退去する時には処分する必要があります。

その点、マンスリーマンションは家具家電付マンションで、単身赴任の生活をする時には既に部屋に必要なものが揃っています。

必要な家財道具の大半が部屋の中に揃っているので、買い揃える必要もありませんし、退去する時は入居時に運び入れたものだけを持ち帰れば良い、引っ越しが要らないなどの魅力もあります。

マンスリーマンションは、生活に必要な設備が一とおり揃っていることから、住み心地の良さにこだわりのある人に最適です。