英文メールでの宛名の書き方

英語で初めてメールを書くとき、どのように書きだしたら良いか分からず一行目から躓くことがあるかもしれません。日本語のメールなら、宛名から始まり、「○○様」と書くものです。メールの一番最初が宛名で始まるのは英文メールでも同じです。「To ○○」もしくは「Dear ○○」で始めます。ToにするかDearにするかは送る相手との関係性によって異なりますが、ビジネスの関係ならToにしておくのが無難です。相手の名前はMrやMsを付けて名字を書きます。より親しい関係であれば下の名前を呼び捨てで書いても構いません。相手から返信をもらったとき、自分の宛名がどのように書かれているかをチェックしてその都度対応していきましょう。

要点ははっきりと示そう

本文の内容は、できるだけ要点を絞って書くのがマナーです。これは日本語のメールでも同じですね。はっきりしない内容をダラダラと続けられると読む方に負担を与えます。一番最初に要点を書き、後から詳細な内容を記述していきましょう。

日本語のメールと英文メールで感覚が異なる点がいくつかあります。例えば謝罪のメールを書くときです。日本語だと、1つのメールの中に何回も謝罪の文章を書く傾向にあります。その方が誠実に見えるため、メールの最後にもダメ押しで謝罪の文章を掲載することがあります。一方で英文メールで謝罪文を書く時は、同じ感覚で謝罪の文章をいれると過剰になってしまいます。謝るべき所だけで謝罪し、それ以外の内容や別件のメールでは書く必要はありません。

英語の転職にはTOEICの点数が応募の条件になっていることが多いです。本格的に英語で仕事をしたい場合は、まずはTOEICを800点以上を目標に勉強することが必要です。