保育士の働く場所を調べよう

保育士は、全国各地の様々な児童福祉施設で働いていますが、中でも保育所に勤めている人の割合が圧倒的に多いことが知られています。保育士として実務経験を積むことで、保育所の主任や所長として重宝されることがあります。そこで、日頃の保育を通じて実務に必要な能力を高めることはもちろん、職場の内外での研修の機会を利用することで、保育をめぐる知識を身につけることがおすすめです。最近では、転職を繰り返すことで、様々な経験を積もうとする保育士が少なくありませんが、実務経験をうまく活かせる職場を探すうえで、職場見学の申し込みをすることが有効です。その他、恵まれた条件で働くために、実務経験を評価してくれる職場を探すことが大切です。

保育士の勤務条件にこだわろう

保育士として働き始めるにあたり、勤務条件の良しあしをじっくりと見極めることが大事です。近年では、保育園の園長などの役職者の採用活動が活発に行われている社会福祉法人や民間企業が増えており、待遇にこだわるうえで、いくつかの求人の条件を比較することが有効です。特に、勤務条件の良い就業先は、保育士の定着率が高いことはもちろん、キャリアアップのための制度が設けられていることがあり、長期的に安心して働き続けることができます。なお、保育所の他にも保育士の有資格者の募集が行われている事業所が多くあり、各自の実務経験の長さや能力、適性などに応じて就職活動を進めるうえで、色々な事業所の取り組みに目を通すことがおすすめです。

保育士の求人なら東京が断然有利です。常に20000件以上の求人があり、しかも月給25万円以上のところもあり、福利厚生面でも優遇されています。交通至便のところがほとんどで地方出身の人も安心です。